忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法少女リリカルなのは False Cross 第五章(1)

 連載SSを更新。
 次回の更新は一週間後の26日(日曜日)を予定しています。

 この物語も、いよいよ佳境。
 そこでプロットを逆算してみたところ、たぶん10月くらいには終わりそうです。このまま何事もなければ。
 少し意外でした。イヒダリは12月くらいまでかかると思っていたので。
 とはいえ順調(?)に進んでいるのは良いことです。
 このまま終わりまで、がんばって執筆します。
 なので最後までお付き合いをお願いします。


 じっとりした熱気と錆びた鉄の異臭が漂う廃墟の二階。
 かつては科学館だった建物の暗い屋内を、五発のアクセルシューターの光が照らす。
 その桜色の燦然を反射した周囲の埃が、まるでダイアモンドダストのように輝く。
 なのはと対峙するレイン・レンは冷笑を浮かべていた。

「実際に戦った君なら、『機械仕掛けの聖王』(デウス・エクス・マキナ)の性能は、よく知っているはず。今も内心穏やかじゃないでしょう? 早く帰ったほうがいいんじゃないですか――」

 レイン・レンは、なのはの足元に横たわる気絶したスバルを、侮蔑の目で見る。

「そんなガラクタは放っておいて、ね」
「見損なわないでください。私はスバルを見捨てる気はありません」

 レイン・レンが挑発してきたが、なのはの応答はあくまで冷静だった。男の悪意を軽く受け流す。
 不安はなかった。
 むろん『機械仕掛けの聖王』を甘く見ているわけではない。
 あの戦闘機人は危険だ。
 自我がないから自制も利かない。視界に入れば男も女も、子供も老人も、分け隔てなく傷つける。おそらく暴力と破壊は際限なく拡がるだろう。
 ミッドチルダに出現する阿鼻叫喚の地獄絵図。
 本来なら焦燥に我を失ってもおかしくない情報であった。
 なのはに頼れる仲間の存在がなければ。

「だって私には仲間がいますから。私ひとりが無理をしなくてもいい。民間人の安全については、なんの心配もありません」
「仲間? 仲間ですって? あの戦闘機人ばかりの集団を? おもしろい冗談ですねぇ」

 レイン・レンが、これ以上は一秒も我慢できないと言うように、くつくつと笑う。

「いいですか。戦闘機人なんて、ただの兵器です。いちおう人間の形をしていますが、その実体は単なる道具にすぎない。消耗品を仲間と思うなんて正気の沙汰じゃないですよ」
「戦闘機人は物じゃない。意思がある。夢がある。そして命がある。人間と同じように」

 なのはの周囲に浮かぶ桜色の魔弾が、そのとき光の明度を一段と濃くする。
 輝いているというより、燃えているという印象。
 もし手で触れたら瞬く間に溶け落ちそうだった。

「なのに彼女たちが単なる道具にすぎない? 消耗品? ふざけないで! あなたの考え方は間違ってる!」

 なのはが目を吊りあげて喝破した。
 理性の外殻を脱ぎ捨て、感情のままに激昂する。
 彼女にとって仲間の体面は、おのれの体面よりも神聖だ。
 自分を嘲る言葉には澄ましていられるが、友人を愚弄する文句には耐えられない。耐えるつもりもない。
 放言のツケを払わせるためならなんでもやる考えだった。

「僕が間違っている? 今、僕が間違っていると言いましたか?」

 レイン・レンの口が耳まで裂ける。
 その恐ろしい表情を見た瞬間、なのはの中の憤怒が消沈した。悪寒に背筋が凍りつく。
 それは嘲笑でも苦笑でもない。
 怪物の笑み。
 まさに人ならざる者の異質な表情であった。
 いったいどんな心理状態が、このような笑顔を作るのか、なのはには想像もつかない。
 レイン・レンが口元を歪めたまま言葉を繋げる。

「そうですね。君の言うとおりです。僕は間違っています。存在そのものが大きな過ちなんですよ」

 レイン・レンの左手が、突如、ものすごい光を放った。
 周囲の闇が明るく見えるほどに濃密な暗黒の輝き。
 光源の正体は聖書型のストレージデバイスだった。
 続いて魔導書のページが、まるで強い風に煽られたように、おのずからめくられていく。
 本は真ん中あたりから開かれた。

「――我は突撃す超人・我は突貫す鉄人・刹那の間・我は欲す――」

 魔法の詠唱を開始するレイン・レン。
 デバイスを使っているかぎり、術者は通常、口で呪文を唱える必要はない。
 デバイスが詠唱を肩代わりしてくれるからだ。
 にもかかわらず口頭で呪文を唱える場合は、すなわち強力な儀式魔法の行使を意味する。
 ただレイン・レンは一介の科学者でしかない男だ。それほど強力な魔法が使えるとは思えない。しかし滔々と紡がれる詠唱がはったりとも思えない。
 いずれにせよ相手の出方を待っているのは愚策だ。
 危険の芽は、さっさと潰す。
 なのはの決断と行動は迅速だった。

「アクセルシューター!」

 一発、二発、三発。
 エースオブエースは宙に浮かぶ魔弾を、レイン・レンに向けて次々と撃ち放った。
 桜色の光が尾を曳いて飛翔する。
 襲い来るアクセルシューターに対して、レイン・レンは前に出ることを選択した。
 狂気の笑顔のまま、前傾姿勢で突進する。
 痩身を覆う白衣は、一般に流通しているものではなく、彼が作った特別製。チンクの外套と同じような防御機構を搭載している。対策をしていない射撃魔法では、いくら撃っても貫通は望めない。
 三発の魔弾は男の眼前で、障壁に阻まれて四散した。
 エースオブエースは後方へ退きながら、用心に残しておいた二発の魔弾を発射。
 続いてレイジングハートの形態を『アクセルモード』から『バスターモード』に変更する。
 なのはの鋭敏な眼力は、レイン・レンの防御の正体を、ひと目で看破していた。
 あれがチンクの『シェルコート』と互角の性能なら、アクセルシューターのような射撃魔法は通用しない。
 ならば貫通力の高い砲撃魔法が活路を開く鍵だった。
 一方でレイン・レンは呪文の詠唱を続ける。

「我は猛攻の狩人・我は猛襲の獣・すべてを粉砕し・足元にひれ伏させる・奇跡を起こせ――」

 そのとき肉薄してくるレイン・レンの姿が忽然と消えた。
 二発の魔弾が標的を見失い、床に墜落して火花を散らす。
 見えない壁に阻まれたように、なのはの後退は止められていた。

「――教えてあげますよ。僕が間違っている理由を」

 なのはの背後から、レイン・レンが、そっと耳打ちした。
 慄然となる。
 まわりこまれたことに、まるで気づかなかった。

「僕は『タイプゼロシリーズ』より以前に造られた出来損ないの戦闘機人です。僕は――人間じゃないんですよおおおッ!」

 背中に衝撃。上半身と下半身が千切れそうなほどの。
 なのはの体が宙を舞い、肩から床に激しく落下。そして奥の壁にぶつかるまで、鞠のように何メートルも転がる。
 感触から察して殴られたらしいが、なのはの印象は爆弾の炸裂だった。



 BACK / NEXT

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス