忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雪も溶けて

 季節は、すっかり春ですね。外出する際も、かなり暖かくなりました。
 それでも最高気温のほうは、まだ10度以下ってところ。
 本州と比較したら、ぜんぜん寒いですね。
 5月くらいになったら、もうストーブもいらなくなるかな?

『弱虫ペダル 第26話』感想。

 OPとEDの曲が変わっていた。そのことに少し面食らった。
 ま、それはともかく本編の話。
 ファーストリザルドを制した総北は、箱根学園を抜いて集団のトップになる。
 そして続く山岳ステージの制覇も狙います。
 しかし山を目前にして、なんと主人公は集団落車に巻きこまれ、最下位に落ちてしまう。
 絶望的な展開です。絶望的すぎる展開です。
 だからこそ次の話が気になって気になってしかたがない。
 早く来週になってほしいぜ。

『ラブライブ!2期 第1話』感想。

 キャラ作りに磨きがかかる『矢澤にこ』
 第2回ラブライブの開催を知って熱狂する『小泉花陽』
 プリクラを撮って「ハラショー」を炸裂させる『絢瀬絵里』
 てるてる坊主と同じ能力を発揮する『高坂穂乃果』などなど――

 第1話から派手にやってくれています。
 まさに彼女たちが帰ってきたって感じ。
 好きなアニメの続編は、やっぱりワクワクします。
 それにしても穂乃果が生徒会長になって登場した最初のシーンは夢オチだと思った。
 あのミュージカル演出は、まったく意味不明だったぜ!

『魔法科高校の劣等生 第1話』感想。

 イヒダリは原作の1巻を読んだことがあるのですが、かなり説明過多な印象があって読むのに苦労しました。
 でもアニメのほうは、今のところ、くどい印象はないですね。
 ちょっと見やすくなっているのかもしれない。
 少なくともイヒダリは見やすいと思った。
 ただ出てくる専門用語に関しては説明不足だから、気になったら個人で調べたほうがいいかもしれない。
 

PR

ビアガーデン

 もうビアガーデンが始まる時期みたいです。
 まわりの飲兵衛たちが話題にしていました。
 もっともイヒダリは、お酒にお金を使うより、本にお金を使いたい。
 読書の時間も惜しいですし。
 だから今年もビアガーデンは行かないかな。
 一度は行ってみたいと思うんだけどね。

『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第9話』感想。

 さ、札幌市が壊滅した。我が故郷が……
 絶望した!

 それはそうと今回の話に出てきた『シヴァ』ってヒンドゥー教の最高神ですよね。
 ぶっちゃけ響の『白虎』や『朱雀』、大和の『ケルベロス』より、はるかに強力な存在じゃないですか。
 そんなとんでもないのを召喚できるなんて緋那子すげぇな。
 もう何が現れても無双できるでしょ。

『うたの☆プリンスさま♪マジLOVE2000% 第10話』感想。

 今回は『ライバルグループ「HEAVES」登場』の話。
 新しく登場したライバルキャラの一人の声が『緑川 光』さんだった。
 大好きな声優さんの出演にイヒダリは狂喜乱舞しました。
 緑川さんはイケメンキャラの役が多いけど、ああいう変人奇人をやらせても上手いですね。
 でも肝心の歌のほうは大丈夫なんだろうか?

 しかし。
 まさかここにきて新キャラを投入するとは思ってもいなかったです。
 もし失敗したら非難囂々だろうに。
 アニメスタッフは強気なことをするなぁ。

【web拍手の返事】

 6月7日に拍手をくれた方へ――
 拍手をありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

ちょっと風邪気味

 春になって気候が変わったせいでしょうか。最近ちょっと風邪気味です。
 みなさんも体調には気をつけてください。

『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第2話』感想。

 悪魔を使役して侵略者を倒せ――
 つい先日まで普通の高校生だった少年には重い荷物ですね。
 なにせ荷物の中身は『世界の命運』なわけですから。すぐに返事ができないのもわかります。
 それでも決断を迫られたときの主人公は、あくまでイヒダリの尺度からすれば、年不相応なくらいに思慮深かったですけど。
 もっとも目の前の問題に対して、無様に右往左往する主人公の姿を見せられても、視聴者としては困りますが(苦笑)。

『うたの☆プリンスさま♪マジLOVE2000% 第3話』感想。

 今回は『来栖 翔』がメインの話。
 で、全体の印象としては『スポ根』って感じでした。手本として教科書に載せたいくらいの。
 しかもヒロインの危機を救いだすヒーロー的な要素も有り。
 これは、すごい。
 すごい話の作り方が“うまい”回でした。
 何気に勉強になります。本当に。

 あと翔が気になることを言っていましたね。「オレはファンの心を忘れないアイドルになる!」って。
 ひょっとすると彼以外のST☆RISHのメンバーも、自分がメインの話で、それぞれのアイドル像を確立させていくのかな?
 だとしたら今後の展開も楽しみですね。
 とくに前回「アイドルになんか興味ありません」と言い放ったセシルの心変わりには興味深々です。

あとがき……めいたもの?

ここから先は、長編のあとがきです。
グダグダですが……まあイヒダリらしいかな?

魔法少女リリカルなのはEine Familie 最終話 『明日吹く風それは祝福』

魔法少女リリカルなのはEine Familie 最終話 『明日吹く風それは祝福』を更新。

魔法少女リリカルなのはEine Familie(アイネファミーリエ / 家族) 完結です。
およそ半年に渡った旅路も、今日をもって終着です。
長かった。でも満足感でいっぱいです。
今日まで、こんな場末のSSブログに来てくれた人に、多大な感謝を。
みなさんのおかげで、イヒダリは長編を完結させることができました。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

あとがきは、明日書こうかな? とか思っています。
では最後にもう一度、感謝の言葉を。

ありがとうございました。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス