忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月荊紅蓮‐乱刃‐ エピローグ

月荊紅蓮‐乱刃‐ エピローグです。



 すべてが終わった一週間後の夕方、学校帰りのすずかとアリサは、立ち入り禁止になった公園の前を通りかかった。かつてジャングルジムが配されていたはずの児童遊園の前を。
 剣のカードに記憶を改竄された影響で人事不省に陥った三人の少女。救急車で海鳴大学病院に搬送された彼女たちは、検査のために一日入院しただけで事なきを得たらしい。
 高町美由希は無事に家まで送り届けた。これは気を失った美由希を、すずかたちの誰かが担いで運んだという意味ではない。自力で目覚めた美由希と帰路を共にしたという意味である。これは苦肉の策だった。すずかはもちろんのこと、アリサも疲労困憊で動けずにいたからだ。むろん現場にはマリエルもいたが、彼女は非力すぎて力仕事には向かなかった。
 つまりは適材適所。シルエットカードに関連する事後処理はマリエルに任せ、すずかとアリサはバリアジャケットから制服姿に戻り、二人だけで美由希の覚醒を待っていた次第だ。
 目が覚めた美由希は、当然のごとく現状を不思議がった。剣のカードに寄生されていたせいで記憶の前後が欠落しており、気を失うまでの顛末がまるで思い出せなかったからだ。
 が、美由希はその原因を深く追求することはなかった。関心がなかったわけでも、鷹揚だったわけでもない。おそらく、すずかとアリサの様子から、それとなく察したのだろう。
 美由希は、なにも聞かなかった。なにも聞かなかった代わりに、ただこれだけを告げた。

『なにをしているのかは知らないけど、くれぐれも怪我だけはしないでね』

 その一言だけで、すずかは――おそらくアリサもだろう――胸が熱くなったのを覚えている。すずかたちの事情をわからないながらも斟酌し、応援してくれたことに対する感謝で。
 今は事情を話すことはできない。けれど、いつかすべてを話せるときがくるだろうか。
 かつてなのはたちが、魔法のことや管理局のことを告白してくれたときのように。
 すずかとアリサもまた、いつかシルエットカードのことを話せるときがくるだろうか。
 かけがえのない親友たちに、本当の心を知ってほしい人たちに、いつの日か包み隠さず。

「……ねえ、アリサちゃん」

 おもむろに呟いてから、すずかは公園の入口の前に立ち止まった。隣のアリサが同じように足を止めたのは、すでに横目で確認している。すずかは神妙な口調で言葉を続けた。

「わたし思ったんだ。もうシルエットカードの理不尽な魔法なんかに、誰も傷つけさせない、なにも壊させないって。この公園が立ち入り禁止になったのも、そのせいで子供たちの遊び場が減ったのも、もとを正せばシルエットカードの封印を解いたわたしのせいだから」

 すずかは人気のない公園を見まわす。一週間のうちに業者の手が入ったのだろう、ジャングルジムの残骸はきれいに撤去されている。遊具がひとつ消失しただけなのに、公園内にはやるせない寂寥が漂っていた。もっとも、それは罪の意識が抱かせた錯覚かもしれないが。

「今さらだけど、あらためて思う。シルエットカードを、この手で全部集めようって」

 すずかは決然と誓いを立てた。すると、彼女と肩を並べて佇んでいるアリサの頬が弛む。

「……そうね。剣のカードみたいな悪ふざけのすぎる奴もいるようだし。いったい何枚あるのかわからないけど、すべて封印して回収しましょう。それが私たちの責任と義務だしね」
「それに、一度決めたことを途中で放り出すのは、負けを認めるみたいで癪だから?」
「当然」

 揺るがぬ自信を窺わせる声で言い放つと、アリサは肩をそびやかして歩きはじめた。
 すずかは、もう一度だけ公園を見まわしてから踵を返し、アリサの後ろ姿を追いかける。
 嵐の予感があった。シルエットカードとの戦いが、ますます激化するであろう予感が。
 けれど不安はなかった。怖くもなかった。孤独な戦いではないと、知っているから。
 背後の公園を、すずかはもう振り返らなかった。――また今夜、次の戦いが待っている。


 ――手にしたのは十字架と炎の刀。
 ――交わした約束は二人だけの秘密。
 ――今宵も不思議なカードに導かれ、魔法の宴が始まる。

 すずか、
 アリサ、
 彼女たちが厄災のカードを狩る、魔法少女だ。


 BACK  /  あとがき

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス