忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一日遅れになってしまった

 本当は昨日の夜に更新する予定でした。
 まさか寝落ちするとは思わなかったです。
 やっぱ疲れているときにベッドの上に座ったらダメですね。
 超スピードで睡魔が襲ってきますから。

『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第13話』感想。

 最終回。
 響のピンチ → そんな彼の携帯に友達の悪魔が転送される→ 悪魔合体 → ルシファー召喚。
 この一連の展開には痺れました。
 とくに珍しい流れじゃないけれど、イヒダリはこういう展開に弱いので。
 物語の結末としては、人類は“やりなおすチャンス”をもらえた、という認識でいいのか?
 少し「俺たちの戦いはこれからだ!」みたいな感じだったけど。
 なにはともあれハッピーエンドっぽくてよかったです。
 地味にアルコルも蘇っていて笑えたし。
 いまだに中二病を患っているイヒダリとしては、インスピレーションを刺激されるアニメでした。

『BROTHERS CONFLICT 第1話』感想。

 主人公は高校生の女の子。
 その子が親の再婚を契機に男兄弟(10人以上)しかいない家にやってきます。
 作品のジャンルとしては、逆ハーレムアニメですね。いわゆる。
 本当に何気なく観たアニメでしたが、予想以上におもしろくて楽しめました。
 なかでも末っ子の声が、ぜんぜん合っていなくて(笑)。
 もちろん声優さんの演技には、なんの問題もないんですけどね。
 あの露骨なミスマッチは、すごい飛び道具だと思う。

『戦姫絶唱 シンフォギアG EPISODE1』感想。

 おもしろかった。
 一期の第1話はインパクトが先行していたけど、今回は怒涛のような構成で息をつく暇もなかった。
 戦闘シーンは迫力があったし、新コスチュームはイケてたし、ライブシーンはカッコよかったし、終わり方にも惹きつけられた。
 あと指令の「ガングニールだとッ!」には笑いました。
 次は「衝撃は“発勁”で吹き飛ばした」を言ってくれれば最高ですね。
 とにかく1話の出来は最高でした。
 1期を観ていてよかったと心から思います。
 いや~早く2話目が観たいぜ。

【web拍手レス】

 7月7日の17時ごろに拍手をくれた方へ――
 ありがとうございました。
 特別なことは何もしていないブログですが、これからもボチボチやっていくつもりです。
 今後もよろしくお願い致します。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス