忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仮面ライダー龍騎が最終回

 YouTubeの東映公式チャンネルで配信されている『仮面ライダー龍騎』が今週で最終回です。
 当時は特撮に対する興味が薄れていたので、序盤こそ朝から起きて観ていたけど、たぶん20話くらいから自然に観なくなった。
 なので気まぐれで最終回を観たとき、なぜか『龍騎が死んでいた』ので、そりゃ見事なポルナレフ状態だった。
 あのときほど「ちゃんと観ておけばよかった」と後悔したことはなかったなぁ(笑)
 てなわけで、今週の配信で長年疑問に思っていた『龍騎の最後』の顛末が知れて、嬉しいです。
 東映さんには感謝ですね。

『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第5話』感想。

 視聴者の知らぬ間に『朱雀』を手に入れていた主人公。
 あいかわらず強い。
 そしてそんな主人公とは裏腹に、あいかわらず戦闘では弱い大地。
 でも彼が使役する悪魔たち全員には、マスコットキャラめいた愛嬌がある。
 殺伐とした状況が続くなかで、大地の仲魔たちだけが癒しです。

『うたの☆プリンスさま♪マジLOVE2000% 第6話』感想。

 今回は『神宮寺レン』がメインの話。

 春歌「わたし、神宮司さんの歌が好きです。聴いていると胸が熱くなるんです!」
 レン「レディ!?」

 ってところに、まずは笑った。
 いつも春歌のことは「子羊ちゃん」と呼んでいたレンが、いきなり「レディ」なんて耳慣れない呼称を使ったから。
 あの驚き方は不意打ちでした。
 そして次に笑ったところは、レンの兄貴の一連のシーン。
 あの『全力疾走 → いきなり転ぶ → また走りだす → 吠える → ジャンプしながらCD挿入』の顛末です。
 あれには笑わされました。
 とくにダンクシュートをするみたいにCDを挿入するところなんかシュールすぎます。
 冷血漢と思っていたレンの兄貴が、まさかあんなに熱血漢だったとは。
 すげぇギャップでした。

 でもストーリー自体は、すれ違っていた兄弟が紆余曲折を経たのちに仲直りするという、とても人情的な話だった。
 レンのことをもっと好きになったし、レンの兄貴のことも好きになります。
 うたプリ2期は、本当におもしろい。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス