忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とうに過ぎた話題ですが

 そういえば先週はバレンタインデーがありましたね。
 個人的には好きなチョコレートが安く買える素晴らしい日でした。
 ただお店のカウンターに商品を持っていくときは心中複雑だった。
 ある意味レンタルビデオ屋でアダルトビデオを借りるよりも恥ずかしかったかもしれない。
 小心者だよなあ。

『ペルソナ4 第18話』感想。

 わざと斜に構えた言い方をするなら、ありがちな父子家庭の一面を描いた話。
 たぶんアニメ以外でもドラマか何かで一度は観たことがあるストーリーだったと思う。
 でも不思議と既知感めいたものは感じなかったです。
 むしろ新鮮な気持ちで視聴できた。
 そして感動できました。
 とくに親子の確執が解け去る川辺のシーンは、声優さんの熱演も相まって泣かされそうだった。
 親子の関係に出しゃばりすぎず、けれど言うべきときには忌憚なく言う主人公の配慮も、端から観ていて心地よかったです。
 ここまで嫌味のない主人公は『サクラ大戦』の「大神隊長」くらいしか思いつかない。
 さすがは「おかん級」の寛容さを持つ男といったところでしょうか。
 そりゃ堂島さんもデレるわな。

『戦姫絶唱シンフォギア 第7話』感想。

 つねにアクセル“べた踏み”で突っ走っている感じ。
 そしてそれは今回の話でも変わらず。
 1話ごとに次の話に繋がる新展開が用意されていて退屈しません。
 あとクリスちゃんが予想外の萌えキャラだったのもよかったです。
 もうメインヒロインは彼女でいいんじゃないかな(笑)。

『新テニスの王子様 第7話』感想。

 高校生「老けたオッサンも大したことねぇな」
 真田「ぐぬぬ」

 って展開に笑った。
 というか真田って高校生から見ても老けているように見えるのか。
 だったらこの先に出てくる「平等院鳳凰」はいったいどうなるんだろう?
 もう妖怪ジジイとか言いようがないと思うのだが。
 それと次回の予告でリョーマたちが“ミッション:インポッシブル”をやっていて噴いた。
 でもこのアニメは普通にテニスをされても物足りないからあれでいいんだけど。
 あー早く次が観たいわ。

【余談】

『創刻のアテリアル』体験版の2chでの反応

 エウシュリーの新作、今回もおもしろそう。
 初回特典のために予約しようかな?

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス