忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法少女リリカルなのはEine Familie 第五話 『闇の正体』(1)

魔法少女リリカルなのはEine Familie(アイネファミーリエ) 第五話 『闇の正体』(1)を更新。
ようやくアイネファミーリエを更新できました。……ふぅ(ロマサガ2のあのシーンみたいな感じ)
さて、第五話のこれからの更新予定日は――
(2)が11日、(3)が14日、(4)が17日、(5)が18日、(6)が21日を予定。

だらだらと続きますが、ぜひ読んでやってください。
よろしくお願いいたします。



 一戸建てというにはあまりにも素朴な寄棟(よせむね)造りに、はやては無性に里心を刺激される。
 グレアムに案内されて辿り着いたのは、こぢんまりとしたコテージのような屋敷だった。

「なにか飲み物でも淹れてこよう。コーヒーと紅茶、どっちがいい?」

 電気が点いて皓々と明るいリビングに、はやてを招き入れるやいなや、グレアムは喫茶店の店主のような気さくな口調でそう尋ねてきた。老境に足を踏み入れているにも拘わらず、その声音にはしわがれもなく、むしろ張りがあって聞きとりやすい。
 所在なくドアの前に佇んでいたはやては、そわそわと落ち着かない様子で答える。

「え? あ、えっと……そ、それじゃあ、紅茶をお願いします」

 しゃちほこばる少女の姿を見やり、グレアムが微笑ましげに忍び笑いを漏らす。
 ずっと憧れていた恩人の前で醜態(しゅうたい)――少なくともはやて自身はそう思っている――を晒し、はやては羞恥で顔を真っ赤にする。入る穴があったらすぐにでも潜りこみたい。
 恥ずかしさに顔を伏せるはやてに、グレアムは苦笑しながらソファーを指さす。

「立っているのも疲れるだろう? そこのソファーに座って待っていなさい」
「あ、はい。ありがとうございます」

 グレアムは、歳を感じさせないきびきびした動作でキッチンへと向かう。そんなグレアムの後ろ姿を見送ったあと、はやては溜息をつくとともにソファーに腰を下ろした。
 一人になったことも手伝ってか、はやてはあらためて、最前の自分の挙動に恥じ入った。思考が冷徹になっていくにつれ、気分は底辺まで落ちこんでいく。溜息ばかりが漏れる。
 気分を変えよう。そう思い立ったはやては、室内に視線を巡らせはじめる。
 が、見れば見るほど質素でみすぼらしい内装だった。飾り気も驚くほどにない。ぱっと目につくのは生活に欠かせないわずかな調度品とアンティーク風の蓄音機、それと隣の部屋にある書棚くらいのものだ。まさに必要最低限の設え、といった風情である。
 枯淡(こたん)の趣がある……といえば聞こえはいいかもしれない。だが近代社会のなかで生まれて育ったはやての目から見れば、やはり殺風景でもの悲しい印象の方が強い。
 ただし――テラスに面した大きな窓から見える中庭の風景だけは別格だった。
 樹木の剪定(せんてい)、刈りこみ、除草に芝生の管理、適度な照明灯の数と位置など。ガーデニングに関しては門外漢(もんがいかん)のはやてでも、この庭の豪華さが並大抵のものではないことくらいは一目で看破することができた。そしてこれを維持するだけでも大変な労力が必要だろうということも。
 その神経質なほどに入念緻密な仕事――それ自体が夜空に散らばる星のように煌き躍る造園の施工(せこう)――は、まるでグレアムが、いつかは自分のものにしたいと夢見た景観を窓にはめこんだようだった。
 はやては窓の外の光景にしばらく見惚れていたが、ふと漂ってきたリンゴの匂いに鼻腔をくすぐられ我に返る。警察犬のように鼻を利かせて匂いの元を辿ると、折しもグレアムが二組のティーセットをトレイに載せてキッチンから出てくるところであった。
 やがてリビングに戻ってきたグレアムが、テーブルの上にトレイを置く。そしてテーブルを挟んで向かい側にあるソファーに腰を下ろした。ちょうど、はやてと向かい合う形だ。
 はやては棒を呑みこんだように背筋を伸ばした。緊張した面持ちで一礼する。

「お待たせ。砂糖とミルクは好きに使いなさい」

 そう言って軽く微笑むと、グレアムは砂糖もミルクも入れないで紅茶を飲みはじめた。
 はやてもそれに(なら)うことにする。まずは紅茶ほんらいの味を楽しみたい。

「……美味しい」

 はやての口から吐息が漏れた。格別高価な茶葉を使っているわけではないだろう。だがグレアムの淹れてくれた紅茶に、はやては極上の美酒を連想させる芳醇(ほうじゅん)な味わいを感じた。
 そのはやての感想を聞いて、グレアムが満面の笑みで破顔する。
 もしかすると自分は、そうとう父親っ子なのかもしれない。グレアムの微笑に和む、おのれの機微をそんなふうに評価しつつ、はやては取り澄ました表情で口を開いた。

「お礼を言うのが遅れました。助けてくださって、ありがとうございます。
 でも、どうしてあのとき、ロッテさんとアリアさんが海鳴市に?」

 はやての問いかけに、しかし一方のグレアムはというと、急にばつが悪くなったように目を逸らした。明哲な人柄を思わせる厚い唇が、優柔不断な若僧さながらにモゴモゴする。
 だがやがて観念したのか、グレアムは嘆息混じりに語りはじめた。

「それはね、今日、リンディの自宅に招かれる予定だったからだよ。とある事情により、はやてくんが落ちこんでいる、だから元気づけてあげてほしい。そうリンディに頼まれてね」

 そこでいったん言葉を切るや、グレアムは気恥ずかしさを隠すように紅茶を一口啜った。

「情けない心情を告白すると、実は少しだけ尻ごみしていたんだ。でも無理もないことだと思いたい。なにせ君とは手紙のやりとりはしていても、実際に顔を合わせて話すことは初めても同然だったんだから。だからロッテとアリアを軍の斥候(せっこう)よろしく偵察に行かせて、君の様子を見てきてもらうことにしたんだ。……まったく、だいの大人が何をやってるだか」

 そう開き直ったように苦笑するグレアム。
 が、次に見せたグレアムの表情は真剣そのもの。かつて時空管理局の提督だったころの貫禄(かんろく)(しの)ばせて余りある、それは秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)たる官吏(かんり)の本領を発揮した瞬間だった。

「だがロッテとアリアから緊急の連絡を受けたときは、さすがに自分の耳を疑ったよ。
 まさか君が、管理局の執務官と武装局員たちに囲まれているなんて状況、ついぞ思いもしていなかったからね。……で、いったいなにがあった?」

 はやては口元にカップをもっていくと、まだ温かい紅茶を啜って喉を湿らす。
 グレアムの質問に答えるか否か……即答しかねたはやては、逆に問い返していた。

「リンディさんから、何も聞かされていないんですか?」
「ああ。彼女から言ってくることはなかったし、私からもそれを訊ねることはしなかった。
 しかし今にして思えば、リンディが他言を躊躇ったのは、おそらくそれが魔法関連のトラブルだったからだろう。いくら元提督で魔法の世界に通じているとはいえ、私はすでに管理局を辞職した身だからね。部外者に明かせない事情があって当然だ」

 グレアムは自分の紅茶を半分ほど飲んだあと、「だが」と声音を硬くして言い添える。

「リンディが意図して伏せていた話と、君が管理局に捕まりそうになっていた一件。それがもし同じ次元で繋がっているのなら、私もこのまま黙っているわけにはいかない。
 いつも君と一緒にいる守護騎士たちが、どうして君の傍にいないのかという疑問も含めて、もう一度訊ねる。ここ数日のうちに、いったいなにがあった?」

 はやては迷っていた。グレアムがさっき自分で言明したとおり、彼はただの民間人である。詳しい話をしてしまったら、はやては職務違反にあたるし、またそれとは違う心理的な葛藤の問題で、彼女はこの一件にグレアムを巻きこみたくなかった。
 だが、はやてがこの四日間のうちに溜めこんできた不安と鬱屈と焦燥は、すでに彼女ひとりでは抱えこめないほどの量に膨れあがっていた。
 ――グレアムに相談したい。そう切実に思う一方で、しかし石化された仲間たちの実状が、はやての心中に不安の種を蒔く。もしグレアムまで石化の犠牲者になってしまったら……。
 はやてはカップを掲げて、紅茶を飲むふりをする。悲劇のヒロインのように苦悩する自分の無様な表情を、これ以上、グレアムに見せたくないというかのように。
 が、やはりティーカップごときでは、その大役は荷が勝ちすぎたらしい。
 眉を寄せて逡巡するはやてを、グレアムは見守る体勢でいる。その悠然たる態度を見るかぎり、はやてが口火を切るまで待ち続けるだろう。(てら)いのない微笑が、それを証明している。
 はやては観念した。カップを受け皿の上に戻すと、深く息を吐き出しながら口を開く。

「判りました。お話、聞いてもらえますか?」

 おおらかに頷くグレアムを上目遣いで窺いながら、はやては事件の顛末(てんまつ)を語りはじめた。

 BACK  /  NEXT

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス