忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真伝記 『シャマ・ルー』の恐怖 (1)

新年一発目のSSは短編。というか掌編に近い。
四コママンガを意識して書いたので、かなり短いです。
でもそのぶん、テンポもよく、読みやすくなっているかと。

ただ話の内容もタイトルもどっかで見たような感じですが、
まあ気にしないでほしい……かな(苦笑)
続きは来週の月曜日にでも更新できればいいと思っています。



 その日、ヴォルケンリッターは重大な問題に直面していた。

「みんな、たいへんだ! はやてが今日、すずかの家にお泊りするって!」

 鬼にでも追われてきたような形相で、ヴィータがリビングルームに跳びこんできた。彼女の右手には、電話の子機が手加減なしの握力で握りしめられている。
 ソファーで夕刊を読んでいたシグナムが、眉をひそめながら肩越しに振り返った。

「それのどこがたいへんなんだ? たかだか一晩、お友達の家にやっかいになるだけじゃないか。……それともおまえ、まさか一人で眠るのが怖いとか言いだすんじゃ」

 いつもヴィータは、はやての横で一緒に寝ている。シグナムはそれを知っていた。だから母親がいなくなって取り乱す子供のような孤独感を、ヴィータが懐いているのかと早計したのだ。
 シグナムの怪訝な台詞を嘲りと解釈したのか、ヴィータが眉根に皺を寄せて喚きだす。

「子供扱いするんじゃねぇよ! あたしが問題にしてるのは、そんなことじゃない。
 いいか、よく聞け、馬鹿シグナム! あたしがたいへんだって言ってるのは、今晩、はやてがずっと家にいないってことだ!」
「なにが違うんだ? 結局、主はやてがいなくて寂しいと言っているのだろう?」
「だぁぁぁぁ! だから、ぜんぜん違うんだってば!」

 苛立たしげに足を踏み鳴らすヴィータに、シグナムは困ったように溜息をついた。
 シグナムは読んでいた新聞をソファーの上に置くと、助けをもとめるように視線を泳がせる。その眼差しが、ダイニングテーブルの下の物陰に潜むザフィーラに据えられて止まった。
 烈火の将の無言のSOSを受けたザフィーラが、大儀そうにテーブルの下から這い出てくる。

「ヴィータ、まずは落ち着け。それからゆっくりと説明してくれ」
「ああ? なに言ってんだよ、これが落ちついてられるわけねぇだろ! 今日の夕飯、はやての代わりに誰が作ると思ってんだ!」
「誰? それはもちろん……って、まさか」

 さっきまで気怠げだったザフィーラの面持ちが瞬時にして強張り、何をか言わんやという風情でソファーにもたれていたシグナムも、弾かれたように立ちあがる。
 瞳に恐怖を凝らせる二人を等分に見比べたあと、ヴィータはその名を震える声で口にした。

「……シャマルだ」

 シャマル――その名は今日にかぎって言えば、まさしく絶望と同義語だった。
 三人の顔色が、まるで死相めいて青くなる。これは比喩でもなんでもなく、死活問題だ。
 そのとき、シグナムが貧血を起こしたようによろめいた。だが持ち前の精神力でなんとか持ち直すと、額に手を当てながら深刻な口調で話しはじめる。

「このままでは私たちに明日はない。一刻も早く、シャマルに連絡を取らなければ」

 殺気すら滲ませて呟いたシグナムの言葉に、ザフィーラもまた恐ろしい形相で頷く。

「シャマルは携帯を持ち歩いていたはずだ。今ならまだ間に合うかもしれない。ヴィータ!」
「わーってるよ!」

 ザフィーラに促されるまでもなく、ヴィータは右手に持つ子機を耳に当てて、すでにシャマルの携帯電話に通話を繋げているところだった。
 緊迫した沈黙と静寂が、リビングに漂う空気を重苦しいものに変える。
 ピロピロという軽薄な電子音が直近で聞えてきたのは、リビングルームの扉が開いたそのときだった。目を見開いて振り向いた三人の視線の先には、右手に買い物袋を、左手に携帯電話を持って部屋に入ってきたシャマルの姿があった。
 シグナムたちは一言も発せず、ただ凝然とシャマルを見つめる。
 顔面蒼白になりながら体を震わせる三人の絶望を、だがシャマルはまったく斟酌しない。むしろ出迎えられたと勘違いしたらしく、シャマルは屈託なく破顔しながら、右手に提げた買い物袋を誇らしげに持ちあげてみせた。

「今日の夕飯はカレーだから。みんな、楽しみにしててね」

 そのシャマルの言葉を、シグナム、ヴィータ、ザフィーラは聞いていなかった。シャマルを除いた彼女たちの表情は、ほとんど中身のない脱け殻であった。


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス