忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エロゲー談義

今週のSSの更新はありません。
なぜなら――
ここ一週間、小説も書かずエロゲーばっかやってたからです。
Flyable Heartという学園モノです。知ってますかね?
エロゲーは攻略に時間がかかるので、どうしても積んでしまうんですよね。
でも今週はゴールデンウィークだったので、ここぞとばかりに手をつけました。
結構、おもしろいゲームでした。設定もよく練られていましたし。
もちろん微妙に残念だった部分もあります。
それはヒロインと恋人同士になってから直面するシリアスなイベントに対して、主人公が右顧左眄を繰り返すへタレキャラと化してしまうことです。
別のヒロインやサブキャラたちの助言を真に受けて、それを自分の解答にしてしまうのもマイナス要因でした。日常描写の多い前半はともかく、シリアスが多くなる後半は終始そんな感じだったので、それがイヒダリとしては非情に残念でした。
いくら悩んでもいい。くどいほど自問してもいい。でも最後には、あくまで主人公が、自分の力で見出した答えと信念をもって、ヒロインと対峙してほしかったのに。

だからイヒダリが手を出すエロゲーは、いつも鬼畜陵辱に傾倒するんですよね。
あるいは、シナリオではなくエロ描写に特化した、お手軽なヌキゲーばかりに。

実はここだけの話。
かつてILLUSION SOFTの『人工少女2』に、病的なほどにハマッたのを今でも覚えています。
「うぉぉぉぉッ! オレは人工少女を作りまくるぜぇぇぇぇ!」みたいな感じで。
……言い訳ですが、当時は画期的だったんですよ。3Dで、あそこまでできるゲームは。

BLACK CYCの『MinDeaD BlooD ~支配者の為の狂死曲~』にもハマりました。
たぶんエログロと感動的なシナリオを融合させたゲームのなかで、この作品はまちがいなく最高峰でしょう。ありふれた吸血鬼という設定を、エロのために過不足なく活用してみせたのも素晴らしかった。主人公のワイルドさにも惚れた。そしてメインヒロインの榊悠香の悲壮さにも萌えた。トゥルーエンドの切なさは、今でもまざまざと思い出せる。
イヒダリのなかで、この作品はいつまでも色褪せないゲームのひとつです。

なんか五月は、いままで積んできたエロゲーの消化に費やされそうな予感。
まあでも、来週は短編SSを一本掲載する予定ですが。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Web拍手

フリーエリア

「天秤のLa DEA。戦女神MEMORIA」応援中!

プロフィール

HN:
イヒダリ彰人
性別:
男性
趣味:
立ち読み、小説を書くこと
自己紹介:

イヒダリ彰人(あきひと)。
北海道に棲息する素人もの書き。
逃げ足はメタルスライムよりも速い。
でも執筆速度はカメのように遅い。
筆力が上がる魔法があればいいと常々思ってる。
目標は『見える、聞こえる、触れられる』小説を描くこと。

《尊敬する作家》
吉田直さん、久美沙織さん、冲方丁さん、渡瀬草一郎さん

《なのは属性》
知らないうちに『アリすず』に染まっていました。
でも最近は『八神家の人たち』も気になっています。
なにげにザフィーラの書きやすさは異常。
『燃え』と『萌え』をこよなく愛してます。

《ブログについて》
魔法少女リリカルなのはの二次創作小説を中心に掲載するサイト。
イヒダリ彰人の妄想をただひたすらに書きつらねていきます。
もちろん無断転載は厳禁。

《連絡先》
aki_ihidari☆yahoo.co.jp

なにかあれば上記まで。
☆を@にしてお願いします。

リンクバナー

このページはリンクフリーです。 報告の義務はありませんが、いただけると僕が喜びます。 相互リンクは大歓迎!
リンクはhttp://ihidari.blog.shinobi.jp/ にお願いします。 またリンクバナーは上のものをご利用ください。 なお、このリンクバナーの素材に関しましては『-幻想素材サイト First Moon-』さまの素材を利用させてもらっております。

最新コメント

[07/13 通りすがり]
[02/11 NONAME]
[07/10 のっち]
[06/16 翠々]
[06/10 のっち]

最新トラックバック

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス